華麗なるFX

外国為替証拠金取引での収支を綴り 利益を追求していく。

やはり裁量が入ったトレードは向いてないね。



私の旧手法(30分平均足法)を再び実践してみたが結果は
期待した以上ではなかった。


RCIとWMAのパラメーターの見直しでエントリーの精度をあげられるん
ではないか思っていたが、そうではなかった、やはりテクニカルを使う事で
曖昧さが入ってしまう。


検証結果は満足な結果だったがエントリー時に微妙な裁量が入っているため、
バックテストは少なからずオーバーフィッティングされたものになっていると
言わざるを得ない。


つまり過去の検証結果と同等の成績を今後実現出来るための検証に
なっていない。



他の手法にすぐ目移りする癖を直さなくちゃなぁ^^;
やはり前の手法でこつこつやっていこう。




ちなみに今回実践した30分平均足法のバックテストは以下の通り。


検証期間 2008年 1月 ~ 2009年 4月

勝率 66.04% P/F=3.4200 P/R=1.4558


これはスゴイですね(笑)










よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 為替ブログ <br />FX システムトレード派へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル:株式・投資・マネー

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<淡々と続けるのも楽じゃないよね | HOME | 今日はエントリーを逃してしまいました。>>

この記事のコメント

検証お疲れ様でした。

検証してみたが、ダメだった。
それでいいのだと思います。
(検証しないのは問題外です(笑))

アインシュタインは研究に失敗するたびに
「このやり方ではダメなことがわかって良かった。」
といって喜んでいたそうです。

ダメなやり方を知ることも一つの「発見」だということですね。そう思うとなんだか失敗するのも楽しくなってきます。

失敗すればするほど、残った「良いやり方」の良さ(なぜ機能するのか)もわかって、他のアイデアを考えるときの役に立ちます。

だから、何度失敗しても、新たなアイデアがあれば、ガンガン検証して、ガンガン失敗する(笑)ことをオススメします。

そうすれば、最後には、少々パラメータをいじったくらいでは優位性がビクともしない(またはそもそも面倒なパラメータが必要ない)、シンプルなエッセンス(機能するトレード・コンセプト)だけが残ります。

何が起こるかわからない未来の相場で、お金を賭けて勝負するに値するのは、そういうシステムだけですね。

応援していますよ^^。
2009-05-22 Fri 19:05 | URL | Naufrage #-[ 編集]
Naufrageさん、こんばんは。


今回の検証は平均足でのサインのダマシをテクニカルで
いかに排除するかだったのですが、やはりテクニカルラインでは
曖昧な判断しか出来ないと確認できました。


どんな手法も五十歩百歩と言われるように、相場で儲けるということは
手法とは別のところにありそうですね^^


2009-05-22 Fri 22:48 | URL | nowave7 #6AIjwAaE[ 編集]
突然の投稿失礼致します。

当方はFXネイション[ http://www.fx-nation.net/ ]
というブロガーさんによるブロガーさんの為の情報サイトを運営しております。
ご登録は無料になっており、ご登録後、記事が当サイトへ反映され、ブログのランキング
サイトの様にアクセスを稼げる仕組みになっております。
(まだプレOPEN中ですので、今ご登録頂ければ、ランキング1位も夢ではありません)

当方の判断で素晴らしい記事を書かれているブロガーさんのみにご招待の投稿をさせて頂いております。
是非この機会にご登録頂ければ幸いと思いご連絡させて頂いた次第でございます。
宜しければ下記より、ご登録頂ければと思います。

登録ページ
http://www.fx-nation.net/entry.html

突然の投稿にも関わらず、最後までお読み頂き有難うございました。

2009-05-26 Tue 11:09 | URL | FXネイション #-[ 編集]
こんにちは。
あるソフトの検証ブログを運営しています。
2008/8月から連続して+1000pipsオーバーを獲得しています。
ご興味がありましたら一度覗いてみてください。

http://fuutafx.blog114.fc2.com/
2009-05-27 Wed 21:26 | URL | fuuta #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |